Jumper EZbox i3のミニPCはCore CPU搭載で激安

JumperのPCは、小さくて使いやすくしかも価格も安くて現在Amazonでも人気の商品です。バツグンの高性能というわけではありませんが、圧倒的なコストパフォーマンスで人気のJumperのEZbox i3を紹介します。

Jumper EZbox i3は、コストパフォーマンスバツグンでCoreCPU搭載

JumperのEZbox i3は、小さいながらも、USB端子、HDMI端子も搭載、GigaのLANポートもある拡張性に優れたコストパフォーマンスの高いミニPCとして人気になっている商品です。

USBは、USB2.0が2つUSB3.0が2つにTypeCインタフェースもついています。USB2.0,3.0だけだと、最近のインタフェースではないので不満があったり、TypeCのインタフェースだけだと、現在数多く出回っている端子の商品が使えないことで不満があったりするのですが、このEZbox i3は、両方ついているので安心して使えます。

USB端子が豊富にある上に無線LAN用も対応しています。さらにはBlueToothも対応していますので、普通に使うに必要となる周辺の装置はしっかり搭載されています。

無線LANなどの機能を日本で使うには、技適マークがついている必要がありますが、このEZbox i3は技適マークがついているので安心して使えます。激安のPCの場合、技適マークがついていないことも多いのですが、EZbox i3はその点で評価は高いですね。

EZbox i3は、Amazonで激安価格で販売していますので一度検討してみてはいかがですか。

▼Ezbox i3はこちらから▼

EZbox i3のデメリットって何?

EZbox i3は、インテルのCPUを搭載して8GBのメモリ、しかもSSD搭載で40,000円程度とかなり激安のミニPCです。

でもデメリットももちろんあります。

大きいところでは、インテルのCPUは、Corei3 で第5世代、今は9世代が10世代ですので、CPUとしては古いです。Corei3もCoreのシリーズでは一番非力のCPUです。

性能が特別高いわけではありません。でも普通に使うのであればこの性能だから使えないということはないですし、高価なPCを購入しても映像を扱ったり、高解像度のゲームをしないのであれば、オーバースペックであることも多いです。

EZBox i3は、無線LANはありますが、対応している規格が限定されています。他社のミニPCでも、無線LANは搭載しているのですが規格が限定されていることが多いです。

具体的には、対応している規格が802.11 b/g/nとなっていますので、802.11aとか最新の802.11acには対応していません。

でも一般的にデスクトップパソコンは、無線LANポートを搭載していないものが多いですし、必要があれば、1,000円程度でUSBポートに差すタイプの無線LANアダプタもあります。

それほど大きなデメリットともいえないのではないでしょうか。無線LANにはつきものの技適マークの問題もキチンとクリアされているのはいいですよね。

Ezbox i3のデメリットをあげてみました。デメリットといえばデメリットですが、それほど大きな問題もないと思います。この価格でこのスペックならお買い得な商品です。

ここがいい!!Ezbox i3のメリット

さきほどの記事ではEzbox i3のデメリットを紹介しましたが、今度はメリットを紹介します。

まずは、なんといっても価格です。このスペックで41,000円というのはオトクです。CoreシリーズのCPUを載せて、メモリが8GB、SSDで128GBというスペックなら充分だと思います。

Ezbox i3よりも安いミニPCもありますが、CPUがインテルならAtom、Pentium、Celeronのことが多いですし、メモリも4GB程度だったりします。

Ezbox i3のスペックぐらいあれば、動画の編集や、重たいゲームなどでなければ、スペック不足とは感じないと思います。

もし、最初から動画を主に扱いたいとか、解像度の高いゲームをやりたいという方は、多分不向きだと思いますので別の商品を検討した方がいいです。

費用対効果がいいのがメリットとして大きいのですが、見落としがちなところとして、静かだということです。

気にならない人はあまり大したメリットにならないですが、これがバカにはできなくて、会社のように広いところならまだしも家のそれほど大きくない部屋の中でファンの音が大きいのはとても気になるものです。

私はずいぶん前にミニPCを購入しましたが、ファンの音の大きさであまり使わなくなってしまいました。静かだというのもメリットですね。

静かで小さく、しかも機能性も拡張性も高くでお手頃価格のEzbox i3はおすすめの商品です。

Amazonでも高評価のEzbox i3

Amazonならこれあるかなって思うものはたいていありますが、もちろん今回紹介しているミニPCのEzbox i3も販売されています。

Amazonではかなりの高評価で、Amazon’s Choiceにも選ばれています。ここでは、Amazonで購入された方の口コミを紹介しますので、参考にしてください。

<Ezbox i3の口コミ1>

Windows7のサポートがもう少しで切れるということで、買い替えることにしました。
今使っているパソコンは10年前のもので、さすがにWindows 10は厳しいと思って購入しました。

起動してみると、本当にきどうしているのか疑ってしまうほど静かです。長時間使用しているときやたまに処理が多いときはファンが鳴ったりしますが、今まで使っていた10年前のパソコンとは比較にならないほど静かです。

内蔵のSSDが128GBと少ないのが欠点ですが、今は外付けSSDも早いので問題になることはないと思っています。
<Ezbox i3の口コミ2>
第5世代のCPUで世代が古いですが、それでもCore i5なのはありがたかったです。RAMも8GBあるので、Chromeなどもサクサク動き、今のところ処理が遅いという印象は受けていません。

届いた商品の側面に傷が入ってたのが残念でしたが、基本的には満足しています。

ミニPCの中でも、特にコスパが良かったと思います。一点だけ注意した方が良いかと思うのが、日本語入力について。

日本語入力の初期設定が海外キーボード仕様になっておりました。
日本語キーボードに対応させたい場合は、別途日本語キーボード用の設定を手動でしないといけない模様です。

自分は結局、海外キーボード仕様を変更しませんでした。今は別途海外キーボードを調達して使ってます。

ここまでーーーーー

日本語キーボードの問題がありましたが、キーボードのレイアウト変更はそれほど大した作業ではありませんので安心して購入できます。

人気のEzbox i3を検討してみてはいかがですか。

▼Ezbox i3はこちらから▼

Ezbox i3の購入はAmazonがオススメ

Ezbox i3を購入しようと決めたら、どこで?となりますね。

私はAmazonで購入するのがオススメです。正直いってAmazonよりも安く購入できるところもあります。もちろんそちらで購入していただいてもかまいませんが、リスクもあるのでそこはお伝えします。

まずは、技適マークがとられているかどうかです。とられていなくて使用すれば、違法になってしまいます。技適マークがついていない商品を使っているのがわかるのかといえばなんともいえないですが、私はきちんと技適マークがとれたものをオススメします。

そのほかにもこちらはすでにおわかりだとは思いますが、中国製です。なにか不具合のあった場合の保証が気になるところです。

Amazonで販売されているEzbox i3は技適マークを取得済ですし、1年間の保証もついていますから安心です。

Jumperは中国の企業ですが、大きい会社ですので品質も中国製品の中でも評判はいいようです。技適マークつきで1年間の保証がついてこの価格なら購入を検討してみる価値はあると思います。

スペックからも1台目のパソコンとしても十分です。JumperのEzboxを一度検討してみてはいかかですか。

▼Ezbox i3はこちらから▼

タイトルとURLをコピーしました